こいばな

先日書いた「無償の愛」というタイトルの記事にアクセスが多いのに気づきました。


同じように悩んでいる女性が世間では多いのかもしれないですね。




こういう事は、人によって違うので、
私が書いた事が全ての人に当てはまるわけではありませんが・・・。





彼は私のツボに入るジョークなどは言うし、
面白い人だけど元々物静かというか、
パーティーでキャーキャー騒ぐ彼を想像できないというか、
なんかそんなタイプです。(^^;

10代の頃はヤンチャ小僧だったらしいですが。
夜中に爆音を立てて、街道を爆走したりしていた事もあるらしいですがw
軽くお巡りさんにお世話になった事もあるらしいですよw
これを書いたのがばれると怒られるから内緒です。( ̄b ̄) シーーッ!!


見た目がちょっと怖いよ。
外では滅多に笑わないし。
そのせいか夜中にお巡りさんに職質されるよw

職人さんだから余計怖く見えるかも。
うちにいる時はすんごい優しいけど、仕事の電話がかかってくると豹変します。。。
声のトーンが低くなって、なんか怖い。
でも、電話を切るとニコニコなのよ。私の前では。





それでね、何を書きたいのかというと、
私が悩んでいたみたいに、ほかにも悩んでいる女性がいるのであれば
彼氏さんを疑う前に本音の話合いをしてみてね、って事。
きっかけを作らないと駄目な人も世の中にはいるみたいだよ。

インターネット上によく書いてある言葉、
話が進まないからといって「煮え切らない男」、と一括りにする、
また、そんな言い方は酷いってこと。
肝心な部分の感情表現が苦手な人もいるってこと。

そういう、インターネットでよく書かれている言葉を突きつけられた時、
話もしないで勝手にそう思う女性に対して、じゃあもういいよ、と冷めてしまう人もいるってこと。
その言葉を投げつけられて傷つく人もいるってこと。

ただ逃げているだけの人も、実際いるとは思うんだけれども。



悩んでいる女性達は、彼の態度がどんな感じなのか観察してみるのもいいかもです。


私が言われてハッとしたのは、
「好きじゃなかったら放置する。それが一番楽だから。」
これ。


こういう事を言われて思い出す、今までの事。
そう言われてみれば、言葉ではハッキリ好きとか言わないにしても
私は彼にずいぶんと守られてきたな、と。
私が辛い時、
彼がどうしても仕事を抜けられなくて無理な時以外は一緒にいてくれたな、とか。
これは、彼が責任者だから・・・無理な時もあった。
電気関係の人とか、職人さんならわかると思うんだけど、
一種の資格とか、彼は全部持ってて、
その資格保持者が一人はいないと入れない現場とかあるんですよ。
だから、そういう現場の時は来れない事もあるんです。
ひとつの現場に全員行くわけじゃないし。
全ての社員がその資格を持っているわけではない、という資格も彼は持ってるし。
まあ、そこは理解してた。
私が風邪を引いて熱を出してしまった時、
仕事の合間をぬって、薬や食料をたくさん持ってきてくれたな、とか。
ほかにもたくさんあるけど・・・。(´・ω・`)


こういうことが分かっていても、人に指摘されると不安になるんですよね。


ギャーギャー泣き喚いて喧嘩する時期はとっくに過ぎていたけど
年に一回ぐらいはこういうネタで喧嘩にはなってた。
ただ、その喧嘩の方向性が漠然としていたというか、腹を割ってなかったような気がします。
こちらの言い分を一方的にぶつけていたような気がする。


白黒はっきりしてよ、というような言い方は話し合いではなくて
それはただの押し付けだってこと。



私たちは、確か秋頃に一回そういう話をしてたのね。
それで、今回人から指摘されて、私もなぜか忘れてたわけですが
「そういえば、あの話の後に最大の問題だと思っていた点についての報告がない」
と気づいたわけです。
忘れていた私も相当お花畑なのですが(^^;

それで、本音で話をしたら、なんで話が前進しないのか、できないのか
本当の理由が分かったの。
まずは、その問題を二人でクリアしましょう、という事になりました。


だから、疑うのではなくて、嘘とか駆け引きとかもやめにして
よく妊活なんて言葉も目にしますが、
そういう、男性を罠にはめるみたいな事ではなく、
ちゃんとした話し合い、本音で話す事が必要だよ、と私は思います。



あと、家で彼に食事を振舞う件ですが、彼は外食があまり好きではないんです。
お金がかかるとかいう理由ではなく、外があまり好きではないの。
この部分は、今更だけど彼のプライバシーになるので詳細は書きませんが、
まあ、そのような理由もあるのです。
私もあまりかしこまった店は好きではなくて、
気軽なお店のものは、いざとなったらデリバリーもできるし
だったら家でまったりのんびり食べたいな、というのもあります。
たまーにしか外食や外デートはしないけど、たまにだからこそ、
ただ食事しているだけでも逆に楽しいものですよ。

ガストに行くだけでも私は楽しいです(^^;
最近、店内飲食10%オフのクーポンがよく来るから、この間行ってきた!
ドリンクバーのクーポンは、本当は二人ともアプリを見せなきゃいけないらしかった。
でも、店員さんが(あまりにも私が嬉しそうだったからか)許してくれました。

近くに、つまらなさそうに食事をしているカップルがいました。
そういうのはヤなんだ。
たぶん、いつも行ってたら私もつまらなさそうに食べちゃうかも。

ご飯の時間は楽しい時間じゃないと嫌なんだ。


あと、外に出たり、デリバリーもそうだけど
いつもいつも彼が全額出してくれるので
それも申し訳ない気がするから家でご飯を作る、という理由もあります。
・・・。
この間のビーフシチューの材料は彼が買ってくれたけど・・・。


さて、明日はオーブンレンジを買いに行きます。
ますます家デート化が加速するよw
今時のオーブンなら、もっと手軽に色んなおかずが一気に作れる~
楽しみです~




ああ、そうだ。
ここに書いたことは、「ただ結婚したいだけの人」には当てはまりません。
「今の彼が誰よりも大事で、彼以外との結婚は考えられない」
そういう人向けです。

さっさとほかの人に乗り換えて、結婚できればそれで幸せ、という人は
そうしたらいいと思います。

どっちが自分にとって本当の幸せなのかも、人によって違うと思います。

私はほかの人との未来なんて要りませんし、
駆け引きをして結果を手にしても、それは私にとっての本当の幸せではありません。
年収が何千万あろうとも、それこそドナルド・トランプ氏並の財産を持っている人と出会っても、
私は、好きでもない人と一つ屋根の下で一生を共に過ごせません。

コメント

今週アクセスの多い記事