あんまり怖くない怖い話

その一
「心霊スポット」
ハニーさんに聞いた、ハニーさんの知人だかご家族だかの話。
うろ覚えだけど・・・。

地元で有名な心霊スポットに数人で車に乗って行った。
「全然出ないね~」
「やっぱり噂なのかね~」
そんな話をしながら「出る」という道をドライブしていた。

ふと違和感を覚える助手席のAさん。
「なんかさっきから風景が変わらないような気がする」

「何かおかしくない?」
と周囲の異様さに気づき運転している人に声をかける。
「私もさっきから思ってたんだけど、アクセルを踏んでもあんまり進まないんだよね」
「ガソリン入ってるよね!?」
「さっきスタンド寄ったし!」
ガソリン満タンなのにアクセルを踏んでもノロノロとしか車が進まない。
「なんでなのよ!?」
急に怖くなってきたその時、
バンバン
車を叩く音が聞こえてきた。

「!!」
アクセルを目いっぱい踏み込んで無我夢中で走った。

しばらくすると、周囲の風景が変わり、街中へと脱出することが出来た。
コンビニにたどり着き、いったん停車して車を降りた。

なんと、とってもベタな話だけど
車の窓ガラスに手形がベタベタついていたそうです。
ベタな話だけに^^;
でも、皆さんとっても怖かったそうです。まる。



・・・。
あれか。私が語るから怖くない話になるのかw
もっと脚色してしまったほうがいいのか(・言・)

●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●


その二
「キャンプ場」

昔、学校の授業の一環で夏にキャンプに行きました。
地名は伏せます。某県の某湖とだけ。

そろそろ寝る時間だというのに
窓の外で男子たちが騒いでいてうるさい。
「これは少し怖がらせてやれば静かになるだろう」と
当時10代の少女だった(笑)私は思いました。

私たち女子がいるロッジから離れた場所に
幽霊が出る防空壕があると男子たちに嘘をつき、
そちらへ向かうよう仕向けました。
案の定、ものの数分で静かになりました。
当時の男子ごめんね。嘘でした・・・。

そして、やっと静かになったところで、
私たち女子はキャピキャピ雑談し始めたのでした。

一人は先に寝てしまいました。
全部で確か6人ぐらいだったと思います。

途中で見回りの先生がまわってきましたが、狸寝入りでごまかし
その後もペラペラペラペラお喋りしていました。(早く寝ろ)
親公認、友達と泊り旅行なんて
当時の私には絶対有り得ない事でかなり興奮していてずーっと喋っていました。

でも、一人寝落ちし、二人寝落ちし、時間も夜中の2時を過ぎてしまい
やっぱりもう寝ようか、ということになりました。
「明日も朝早いから寝よう~」
「おやすみ~」

ところが私は全然眠れません。
何度も何度も寝返りをうって 、寝ようと努力はしました。

テレビや電化製品がない部屋だったので、物音は何一つ聞こえません。
部屋の電気はとうに消していて真っ暗です。
外から差し込む月明かりだけが部屋の中を照らしていました。
「眠れない・・・」
全然眠くない、どうしよう~と思っていたら
トントン
と戸をノックする音がしました。
先生の見回りはもうだいぶ前に来たけど、二回目なのかな?
と思っていたら、私のほかにも起きている子がいて
「はーい」と返事をしました。

これ、書いていて気がついたんですけども、
一回目の見回りの時には全員狸寝入りでごまかしてるんですよ。
考えてみたら、なんで二回目だけ返事をしたのか、
そもそも返事をしたのが誰だったのか、そういう話を翌朝誰もしなかった。
起きているのがばれたら怒られるんだから
返事なんてするわけがないんですよね・・・。

先生に聞いたら見回りは一回だけしかしていないと言われて
当時私たちは誰がノックしたのかと怖かったのですが、
(実はほぼ全員が起きていたらしい)
「はーい」と言ったのが誰だったのか、
今思い出すとそっちのほうが怖い話だったのかもしれないです。


この話は、本当は続きが怖い話なのですが、やっぱり「はーい」が一番怖いかも。
部屋の中にクラスメイトではない何かがいたのかしら。
ちょっとゾワゾワきました。



空耳じゃ!
空耳に違いないのじゃ!
全部プラズマなのじゃ!!p(`□´)q

●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●


キャンプの話で自分が怖くなってしまったので
今日収穫したトマトの数を数えてみましたw

プチトマト 10個
でるもんてさん 7個
オレンジ色のトマト 3個
20個も収穫してましたヾ((`・∀・´)ノ ♪

今日まで収穫したトマトの総数107個!
食べ切れませんw


●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●人○´Å`○人●´Å`●

怖いフレーズ

カーテンの隙間
少しだけ開いている襖

そこに人がいるわけがない場所から視線を感じるのが怖いな~と
前はずっと思っていました。
確か、ミウチスズエさんという漫画家さんが描いた怖い漫画の影響です。
カーテンの隙間から雛人形がのぞいているというシーンがあるお話。
あれのお陰で隙間が怖かった時期がありました。

それからジュオンだったか、怖い日本映画のCM。
確かトイレの上の隙間から子供の霊が見ているというシーン。
あれで更に隙間が怖くなって、しばらく隙間を直視できませんでした(笑)

確かハリウッド映画でも、ベッドの下の隙間に霊がいるみたいな作品がありましたよね。
私の隙間恐怖症に更に拍車をかけたわw

20年以上、隙間がダメでした(・ω・;)

今はもう全然大丈夫なんですが、
キャンプの話の最後も、隙間が関わっていました。
少しだけ開けていた窓の隙間から、
女の人が室内をのぞいていたのを見てしまいました。
着物を着ていて胸から下が透けていた。
そのせいもあって、隙間恐怖症が長引きました・・・。

でも、昨日も書いたけど、疲れていて幻を見たんだと思います。
フィルムの一枚を切り取ってそこに貼り付けたみたいに動かなかったし。
どこかで見たワンシーンが脳のどこかに残っていたんじゃないかな~と。
胸から下が透けているというのも、なんかこう、よくあるお化けみたいな感じだし。


お化けなんていないのよ~


終わり|ω・)チラ

コメント

今週アクセスの多い記事