ドロップシッピング初心者が気づいたこと

もしもというサイトに登録してみて、
今までよく見かけた悪い噂がどういうわけなのかやっと分かりました。

手元に在庫が無い状態で販売をするドロップシッピング、
もしものようなサイト経由だと
品切れもきちんと自分の店のページにも反映されて便利なのですが
どういうやり方のドロップシッピングなのか、そうじゃない場合もあるようで、
売れてから「あ品切れしている」というケースがあるみたいです。

私もそういうお店で買い物をしてしまった事があります。
某大手ショッピングモールで買い物をした時に
買い物後ずっと連絡が来なかったので問い合わせたところ
品切れだと判明した、というような連絡が・・・
色々おかしいだろってキャンセルしました^^;

こういう品切れ管理が出来てない状態の販売が問題視されてるのかなー

オークションやフリマサイトなどでは、軒並み「ドロップシッピング禁止」とされておりますが・・・なぜだか分かったような気がします。
オークションだと売り切れてから入札されちゃう可能性もあるし。

売り切れるたびに取引中止してたら、そら問題になるわなー。ウーン


それで、先に書いた某大手ショッピングモールの品切れ事件で
私の中でドロップシッピングの評判は凄く悪かったわけですが、
結構前から多くの方がやっていたんですね・・・。
もしもドロップシッピングで検索すると、
月にいくら稼いだ、表彰されたという利用者が多かったです。


しかし、散々検索していて気づいた事があるわ・・・
物にもよるけど・・・
有名な名前の物とかは、ほかより販売価格が高いってことにorz
試しに、近所で安く手に入る日用品などを検索してみたら、うーん高い^^;
元が安い物はあまり力を入れてないのかも(?)。
特価品でも、検索すると販売元がさらに安く販売していたりして・・・orz

そんなに簡単ではないだろうとやる前から思ってたけど・・・
よく調べないとムリな品物も結構ありそうね・・・。

だけど、サイト作りは楽しいです^^;

コメント

今週アクセスの多い記事